アスミール 500円キャンペーンは【嘘?!】楽天より本当に安いの?

テレビCMでも放映中のアスミール。現在500円キャンペーンが開催されています。しかし本当に500円だからって安いんでしょうか?楽天と比較して価格は高くないの?他にも営業電話やメールが来たりしないかなど徹底調査しています!もし500キャンペーンが気になる方は参考にしてくださいね!
MENU

アスミールが今だけ500円?!キャンペーンとは!

アスミール 500円

 

TVでも紹介されている話題の子供向け身長応援飲料「アスミール」
なんと、今だけ限定で「初回500円」というキャンペーンを開催しています。

 

【アスミール 500円キャンペーンの概要】

  • 定期購入コースの初回が500円で買える!
  • サンプルや試供品ではなく「本商品」!
  • 先着100名限定キャンペーン!

 

 

500円キャンペーンは「今だけ」の限定キャンペーンです。
まだ、やっているかは公式サイトで確認してくださいね。

 

 

>>アスミール500円キャンペーン会場へ<<

 

※キャンペーンは終了している可能性が高いです
確認だけでも今すぐしておいてくださいね!

 

 

 

アスミールの500円キャンペン※楽天より本当に安いの?

 

現在人数で開催されているアスミールの500円キャンぺーン。

 

一件安いように思えますが、

 

「もしかしたら楽天の方が安いんじゃないの?」
「500円で釣ってるだけで、実は高いんじゃないの?」

 

そんな風に疑ってしまいましますよね。
そこで、「本当にアスミールの500円キャンペーンは安いのか?」を調べてみました。

 

 

まずは、500円キャンペーンと楽天で購入できるプランを比較してみました。

 

アスミール500円 楽天 比較

 

 

えっ!比較するとビックリすることが分かります。
なんと、2回目以降で考えると(ほんの少しだけ)楽天の方が安いんです。

 

 

「やっぱり500円キャンペーンが安いなんて嘘?!」

 

 

でも、ちょっと待ってください。
定期コースも楽天も同じく販売元の「株式会社イッティ」さんが運営してます。

 

しかし、それぞれのプランが違います。

 

 

定期コースと楽天のプランを分かりやすく比較してみました!

 

【定期コースのプラン】

価格
1回目:500円
2回目以降:3,686円

 

 

備考
毎月1袋定期的に自宅に届けてくれる

 

 

 

【楽天のプラン】

価格
6個まとめ買い:3,609円
12個まとめ買い:3,528円

 

 

備考
初回500円キャンペーンなし
定期コースにつく特典なし

 

※価格はどちらも「税抜き」で計算しています。

 

 

見て分かる通り、定期コースの2回目以降の価格と、
楽天の6個まとめ買い、12個まとめ買いの1袋当たりの価格を比べるとほんの少し楽天の方が安いのが分かるんです。

 

 

「じゃあ、やっぱり楽天の方が安いんじゃないの?」

 

いえいえ、大切なのが「全部でいくらかかるか?」ということですよね。

 

 

楽天では今のところ単品販売はしていませんので、6個分と12個分で計算しなおしたところ・・・。

 

 

 

【定期コース】

6個分(6ヵ月)で計算した結果:22,616円
12個分(12ヵ月)で計算した結果:44,732円

 

 

【楽天まとめ買い】

6個まとめ買い:23,390円
12個まとめ買い:45,717円

 

 

こうして比べると、総支払額では

 

  • 6個分:774円 定期コースの方が安い!
  • 12個分:985円 定期コースの方が安い!

 

というわけで、やっぱり定期コースで購入した方が価格的にも安いんです。

 

 

 

 

アスミール 500円キャンペーンの条件

 

そんな価格的にとってもお得なアスミールの500円キャンペーン。
実は「参加条件」があるのを知っていますか?

 

それは「最低3回続けること」というものなんです。

 

定期コースで注文すると、最初の1回分の注文が500円になります。
しかし、定期コースは3回継続が条件なんですね。

 

 

そのため、「3回続けるのは絶対ムリかなぁ」という方は購入を控えた方がいいかも知れませんね。

 

しかし、こうした栄養補助食品は3ヵ月くらいは続けないと効果が分からないと言われています。

 

もし3ヵ月継続するのが難しいなら、どんな健康食品も意味がないかも知れませんね。

 

その他には条件はありませんので、「最低3回継続」ということだけ覚えておきましょうね。

 

 

〜500円キャンペーンのまとめ〜

・最低3ヵ月の継続

 

 

 

 

アスミール500円キャンペーンの裏に「勧誘の」影・・・?

 

「おいしい話には裏がある」といいますよね。

 

もしかしたらアスミールのこのキャンペーンにも裏があるのでは・・・?
具体的には

  • 営業電話
  • 購入後のアンケート
  • 営業メール

などですね。

 

まず、私自身も注文してみましたが、営業電話やアンケートなどは求められませんでした。
メールでは時折メールマガジンが届きますが、それだけですね。

 

このメールマガジンも注文する際に「お得な情報を受け取る」にチェックを入れなければ届かないと思います。

 

また、口コミや評価を見ても電話やメールでの勧誘があった、という声はありませんでした。

 

CMでも芸能人を起用していますし、イメージを損なうため、営業電話などの勧誘などもないと考えていいでしょうね。

 

 

 

 

アスミールってそもそもどんなもの?概要をまとめてみました♪

 

小倉優子さんなどの人気芸能人を起用し、ますます人気がでているアスミール。

 

CMでは見たことがあるけど、実際どんなものだったかな?というあなたのために、簡単にアスミールの概要をまとめてみました。

 

 

 

成長期に必要な栄養素の80%をたった1杯で!

 

成長期の子供が必要とする栄養って、実は毎日の食事では補え切れないご家庭が多いんです。

 

単一の栄養は摂れたとしても、複数の栄養バランスを計算しながら毎食のレシピを考えるのはとってもつらいです。

 

しかし、アスミールは牛乳に混ぜて1杯飲むだけで、成長期の子供が必要とする1日の栄養素の80%をサポートしてくれます。

 

成長期の子に必要な栄養素ってどれくらいあるか知ってますか?

 

実は、
カルシウム・鉄分・ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE
こんなにもたくさんの栄養素があるんです。

 

特に、子供のうちは好き嫌いも多いですし、親が食べてほしい食材を食べてくれるって子は少ないですよね。

 

アスミール1杯で1日の栄養がサポートしてくれるっていうのは、親としてはとっても助かります!

 

 

 

 

アルギニン入りZAPバランスの効果がすごい!

 

子供の身長って、どうやって伸びるか知ってますか?

 

実は、身長は脳から分泌される「成長ホルモンの分泌」によって伸びるんです。

 

この成長ホルモンですが、たんぱく質を始めとしたいくつかの栄養素によって分泌されやすい状況にできるとされています。

 

アスミールには成長ホルモンの分泌を促す
亜鉛・アルギニン・植物性プラセンタ
といった栄養素がしっかり入っているんですよ。

 

 

 

独自配合トリプルカルシウムの効果!

 

カルシウムって実は体の中に吸収されにくいってご存知ですか?

 

骨を固くするのに重要な働きをもつカルシウムですが、お菓子やインスタントフードといったジャンクフードに含まれているリン酸と結びつくと、体の中に取り込まれずに対外に出てしまうんです。

 

そのままではせっかくのカルシウムも無駄になってしまいます。
そこで、アスミールは胡麻ミネラル、魚骨焼成カルシウム、マグネシウムといった成分を配合している天然サンゴ素材ドロマイトなどの、通常のカルシウムと違うカルシウムを含めました。

 

体外にでていってしまいやすいカルシウムを、トリプルカルシウムでしっかり吸収するように工夫してるんです。

 

 

 

 

アスミール【最安値】は500円キャンペーンの公式サイト

 

「アスミールは結局、どこが一番安いの?」

 

一番気になるのは「アスミールはどこが安いのか?」ということですよね。
そこで最後に、500円キャンペーンを開催している公式サイトと、その他の販売店を安い順に比較してみました。

 

アスミール500円 販売店 比較

 

 

結果、3ヵ月分を1袋に計算しなおしたところ、やはり「500円キャンペーン」の定期コースが安いことが分かりました!

 

1ヵ月だけで見るならば、楽天の方がほんの少しお安いですが、やはり初回500円のインパクトは強いですね。

 

まずは定期コースの500円キャンペーンで3ヵ月継続する。

 

その後、解約して楽天などでまとめ買いするならいいかも知れません。

 

アスミールの500円キャンペーンは100名限定。

 

もしかしたら今すぐ終わってしまうかも知れません。

 

まだキャンペーンがやっているのか?まずはチェックしてくださいね!

 

 

>>アスミール500円キャンペーンの状況を確認する!

 


このページの先頭へ